千葉で葬儀をするなら「仏滅の日」はNG?

千葉の葬儀にかかわらず、冠婚葬祭については仏滅・友引などの縁起を気にする人が大半です。

しかし仏式の葬儀も神式の葬儀も、仏滅とは無関係です。

■仏滅・友引と仏教とのつながりは本来的にない無関係!?

よく仏滅や友引の日に葬儀をするのは良くないとか、通夜を執り行ってはいけないなどの話を耳にすることがあります。

日本人は葬儀や結婚式などで、縁起を担いでこのような日取りを避ける習慣がありますが、本来的にいえば仏教とこれらのしきたりとは何の関係もないもありません。

仏滅でも友引でも、葬儀や通夜を行なうのに他をはばかるような必要はありません。

■過度に気にせず千葉の葬儀の日取りは周囲の反応で。

仏滅と葬儀の関係が取りざたされる理由は、中国から伝わってきた六曜というしきたり・占いにあります。

六曜とは「先勝」・「友引」・「先負」・「仏滅」、それに「大安」・「赤口」を加えた六種の日のことで、陰陽行とともに日本に伝えられました。

縁起をかつぐのはいけないとはいいませんが、過度に気にして避ける必要もありません。

とはいえ、親類縁者の中には仏滅を気にする人も多くいるでしょうから、千葉の葬儀の日取りについては、わざわざ仏滅に強行する必要はありません。

■何事も自然体で成り行きに任せるのが第一。仏滅と仏式の葬儀は関係ないということは覚えておきましょう。

葬儀の日取りを仏滅の日に強行して、千葉の親戚の方々から顰蹙(ひんしゅく)を買うのもどうかと思います。

日取りは周囲の人の反応をみながら決めて、必要以上に悩む必要はありません。

周囲から疑問の声が聞こえたら、別の日取りを考えましょう。

◎関連サイトはこちら=(千葉での葬儀、疑問に思うことや知りたいことって、こんなコト?