うつ病とセロトニン

うつ病は心の病と考えられてきましたが、最近になって脳の神経伝達物質との関係がある事もわかってきています。

脳の神経伝達物質について紹介します。

・うつ病とセロトニン

うつ病の原因は主に「ストレス」だと言われています。

過度のストレスを受け続ける事で、ホルモンバランスや自律神経のバランスを崩すため、脳から分泌される神経伝達物質の1つである「セロトニン」が著しく減少してしまう事でうつ病になる事がわかってきています。

★参考ページ–>《URL:http://www.businessadomicile.org/

うつ病になると、セロトニンの他にノルアドレナリンも減少してしまいます。

セロトニンとノルアドレナリンは、脳をサポートする働きがある物質ですから、これが減少すると様々な弊害が起こります。

・抗うつ剤の効果

うつ病になると抗うつ剤を使った治療をしますが、抗うつ剤はセロトニンやノルアドレナリンを増やす効果が期待できます。

うつ病の原因となる脳の神経伝達物質が減るという現象を、抗うつ剤を使う事で増やし症状を改善させることができるのです。

ただし抗うつ剤は効果が出るまでに時間がかかります。

・まとめ

うつ病の治療には抗うつ剤が使われていますが、抗うつ剤には強い副作用があります。

たいていの場合は、抗うつ剤がセロトニンやノルアドレナリンを増やす前に、薬の副作用が出てしまうため、人によっては抗うつ剤を嫌がる事があります。

抗うつ剤には、他にも吐き気や胃腸のトラブルなど副作用が出やすいため、薬は少量ずつ様子を見ながら投与していくのが一般的です。