うつ病と自殺について

うつ病はいろいろな症状があり、症状も人により異なります。

その中は衝動的に自殺を図る人もいます。

うつ病と自殺の関係について見ていきましょう。

・うつ病と自殺の関係

うつ病の症状は個人差がありますが、常に気分が落ち込み、物事を悪い方に考える傾向があります。

これもうつ病の症状の一種ですが、症状がひどくなるほど自殺願望が強くなると言われています。

自分なんていない方がいいのではないか?物事が悪い方に進むのも全て自分が悪いからだというように、思いつめてしまいます。

こうなると死んだほうが楽になるとか、自分が死ねばみんなに迷惑がかからないと、今度は死ぬ事が正しいと錯覚してしまいます。

衝動的に自殺を図る人も少なくありませんが、うつ病になったからといってすぐに自殺を図るわけではなく、家族や周囲の人にサインを送っています。

・自殺を予防するために

うつ病患者は自分自身をコントロールできなくなるので、どうしていいか分からず、人にも相談できず思いつめてしまいます。

こういう時死ぬ事を考えるようになりますが、不安が大きいのでその反動でイライラがひどくなったり、不安から暴れてしまったりするようになります。

かと思うと、時間が経つと急に明るく楽しそうに振舞うなど、家族でも理解できない行動に走る事があります。

・まとめ

こういう場合放置しておくと、衝動的に自殺を図ってしまう事があるので、入院させて様子を見るという方法で対処します。