うつ病治療をしながらの仕事

うつ病の原因はストレスが大きく関係しています。

そのほとんどは仕事に関係しているケースが多いので、治療に専念するには仕事を辞めストレスの原因を取り除く事が大切です。

・うつ病なのに仕事をしなければいけない

うつ病になって、治療のために仕事を休職するなり、退職するなりした場合、収入が途絶えるので経済的に苦しくなるというケースは少なくありません。

うつ病の症状にもいろいろありますが、全ての人がうつ病になった時、仕事を辞めて治療に専念できるとは限りません。

中には経済的な事情などで、働きながらうつ病の治療に取り組む人もいます。

こういう場合は症状により、本人が働きたいと希望しても、周囲や会社に迷惑をかける可能性があるので、自分の希望だけをと通すのは難しいかもしれません。

・うつ病で働く場合

うつ病になっても仕事を続けたいという場合は、会社に話をする事と担当医としっかり話し合うことが重要です。

また会社には自分がうつ病である事をきちんと伝えておく必要があります。

一般的にはうつ病で仕事をするのは無理と思われていますので、会社にうつ病である事をカミングアウトしたとたん、辞めるよう言われたり、突然首になったりする事があります。

しかしうつ病だから仕事を辞めろとか、首にする事は出来ません。

うつ病を理由に解雇する事は、労働安全衛生法に違反します。

・まとめ

しかし現実問題として、うつ病を抱えながら仕事をするのは簡単ではありません。

周囲の理解と協力も必要です。